熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

特別支援教育について


 「特別支援教育」とは、障がいのある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものです。

 平成19年4月から、「特別支援教育」が学校教育法に位置づけられ、すべての学校において、障がいのある幼児児童生徒、その他教育上特別の支援を必要とする幼児児童生徒の教育をさらに充実していくこととなりました。

特別支援教育を行うための体制の整備及び必要な取組
(1) 特別支援教育に関する校内委員会の設置
(2) 実態把握
(3) 特別支援教育コーディネーターの指名
(4) 関係機関との連携を図った「個別の教育支援計画」の策定と活用
(5) 「個別の指導計画」の作成
(6) 教員の専門性の向上



    新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
    PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
    お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

    このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

    Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.