熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

平成19年度子どもの遊び実態調査


 子どもは、思い切り遊ぶことでストレスを解消するとともに、自然や集団における遊びの中で、人との関わり方や我慢することなどを学ぶといわれています。
 しかし、現代の子どもたちは、テレビやビデオ、テレビゲームなどに囲まれており、遊びの実態が変化していることが伺われ、そのことが子どもの健やかな成長に影響を与えていることも考えられます。
 そのため、子どもの日常生活の中で身近にできる体験活動の場として遊びを捉え、子どもの成長に有効であると考えられる遊びを推進することで、豊かな人間性や社会性を育む取組推進のための基礎資料として、県内における子どもの遊びの実態や心の状態等について調査しました。



    新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
    PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
    お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

    このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

    Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.