熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

最終更新日 2019年09月22日

大津高校「全国高校ビブリオバトル2019熊本県大会」優勝!!

 8月18日(日)に、くまもと森都心プラザ図書館にて開催された、全国高校ビブリオバトルの県大会(くまもと森都心プラザ図書館主催、活字文化推進委員会共催)において、大津高校3年生の村上星玲渚さんが県代表に選出されました。

ビブリオバトルでは、バトラーがお薦めの本の魅力を1人5分の持ち時間で紹介し、聞いた人が最も読みたくなった本に一票を投じ、チャンプ本を決定します。

村上さんは、瀬尾まいこさんの「そしてバトンは渡された」について、「複数の親に育てられた主人公が、家族の形が変わっても周囲の人々に支えられて幸せに生きていく姿から、穏やかな気持ちや感謝の思い」を読み取り、本の魅力を語ってくれました。

大津高校では3年前からこの大会に代表を送り、昨年度に続き、今年度も「読んでみたい」という観客の皆さんの支持を得て、優勝に輝くことができました。村上さん自身は勿論のこと、校内大会で切磋琢磨した生徒たちも、大きな達成感を感じています。来年1月に東京で開催される全国大会に向け、村上さんは「もっとこの本の魅力を伝えられるように頑張りたい」と決意を新たにしています。
(文責:熊本県立大津高等学校)
                                                                                   【優勝した村上さん】                       【校内予選の様子】
優勝した村上さん 校内予選の様子
  【表彰式・講評】                     【主催担当と一緒に】
講評 表彰式

新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.