熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

最終更新日 2018年06月11日

くまもと文学・歴史館 収蔵品展 アーカイブズに見るくまもと11

くまもと文学・歴史館 収蔵品展 アーカイブズに見るくまもと11 明治150年(2)・徳永直没後60年を開催しています!

 
開催期日:平成30年5月18日(金曜日)〜7月16日(月曜日・海の日)
開館時間:午前9時30分から午後5時15分まで
休館日 :毎週火曜日、6月29日(金曜日)
入場料 :無料

 熊本県立図書館とくまもと文学・歴史館の収蔵資料から、熊本の文学と歴史の魅力をひもとく収蔵品展の第11弾です。
 今回は明治150年を記念し、明治の温泉開発を切り口にして、明治7年当時に存在した温泉や西南戦争の後の明治11-13年に集中的に行われた県内各地での温泉開発を取り上げます。また、没後60年になる熊本市生まれのプロレタリア作家徳永直(とくながすなお)を特集し、自筆原稿や著書、遺品などを展示しています。徳永直は日本プロレタリア作家同盟に参加し、代表作「太陽のない街」を発表しました。文学が労働者に受け入れられ、読者層を広げるきっかけをつくったとされています。
 展示室3からは新緑の旧砂取細川邸庭園の眺望を楽しむことができます。水前寺・江津湖散策の際に是非お立ち寄りください。
(文責:熊本県立図書館)            
(明治の温泉開発)  
 
(没後60年徳永直のまなざし)
 

新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.