熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

最終更新日 2018年05月31日

大津町における学校施設の避難所等利用に関する基本協定書調印式

大津町と大津地区県立学校3校との災害発生時における学校施設の避難所等利用に関する基本協定書調印式を開催しました!

平成30年5月28日(月)、大津高校校長室にて、大津町と大津高校・翔陽高校・大津支援学校が、災害発生時に学校の施設を一時避難所とする協定に関して、協定書の調印式を行った。一時避難所に加え、物資の備蓄場所としての利用も検討している。これは、「防災型コミュニティ・スクール」事業の一環としての取り組みで、今後は町や地域との連携を更に深め、避難所運営や学校・地域の合同防災訓練の計画等を進めていく予定である。
(文責:大津高等学校)


【協定を結んだ3校の校長と大津町長】
調印式写真 調印式写真

新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.