熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

最終更新日 2018年03月27日

【思い出フォト】本とふれあおう〜小国支援学校図書室の取り組み〜

 小国支援学校には、現在絵本や児童書、小説など約1,400冊の図書があります。また、県立図書館より200冊の配本図書をお借りしています。毎週水曜日の昼休みに貸出日を設けていますが、それ以外の日でも好きな時に図書室を利用して、本を読むことができます。貸し出しの際の図書当番は、生活委員会が交代で行っています。(写真 銑)

 昨年度までの様子を見ていると、特定の児童生徒の利用はありましたが、なかなか利用人数が伸びませんでした。そこで、少しでも本に興味を持ってもらうために、今年度は月に1度の全校集会の中で、図書担当の職員がオススメの本を紹介する時間を設けました。そして校内の掲示板などで新しい本の紹介をしました。また、児童生徒や職員からリクエストを募り、より興味を持ちやすい本を購入しました。それにより、普段あまり図書室を利用することがなかった生徒が足を運んだり、本を借りたりする様子が見られるようになりました。(写真キ)

 2学期には、熊本県PTA教育振興財団の「障がいのある子どもたちの読書活動推進支援事業」を利用して高森町の「おはなしトライアングル」さんによる読み聞かせを実施しました。(写真)
 これからも児童生徒、職員の図書室の利用を増やすための取り組みを行っていきたいと思います。
(文責:小国支援学校)
写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
写真7

新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.