熊本県教育委員会 文字を大きく  文字を小さく  色を変える

最終更新日 2018年02月01日

【思い出フォト】阿蘇郡市特別支援教育合同夏期研修会

 平成29年7月28日(金)に、阿蘇郡市特別支援教育研究会夏期研修会を開催しました。
 午前中は、サポートセンター悠愛にて、福岡教育大学一木薫教授に「学習指導要領改訂と自立活動の指導」という演題で御講義いただきました。午後は、午前中の講義を受けて、「自立活動指導目標設定までのプロセスについてのワークショップ」を、小国支援学校にて実施しました。
 この夏期研修会は、「阿蘇郡市の特別支援教育に携わる教職員の指導力向上を図る」「特別支援教育を必要とする児童生徒への指導支援の方法について理解を深める」ことを目的とし、昨年度より小国支援学校におけるセンター的機能充実事業の一環として合同で実施しています。今回は、阿蘇郡市特別支援学級所属の約80%64人の職員が研修に参加しました。研修後の専門性に関する職員意識調査では「専門性が高まった」「専門性がやや高まった」と回答した職員が99%と、全体のほとんどを占めました。また、「今後研修成果を生かせるか」という問いに対しては、小学校100%中学校88%が「十分生かせる」「おおむね生かせる」と回答がありました。
 感想では、「自立活動について、実態把握の方法から目標設定までとても分かりやすく説明頂き理解することができました。また、教育課程についても十分実態把握、理解できていない部分があると痛感した」「学習指導要領の改訂について深く理解することができました。多様化する障害に対応していかなければならない」などの感想が多数挙げられ、実り多き研修となりました。
(文責:小国支援学校)
2 3
4 5
6

新規ウィンドウマークこのマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

このホームページで使用されている画像およびテキストを、無断で転載することを禁じます。

Copyright (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.